スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 "Nebraska"

tag ドラマ ドラメディ 白黒 2014年 アメリカ

ネブラスカ_表 裏 ネブラスカ_裏



【タイトル】 ネブラスカ Title: Nebraska
【紙質】 ややざらっと/やや厚め
【Release Date in Japan】 2014/2/28
【配給】 ロングライド
【監督】 アレクサンダー・ペイン
【キャスト】 ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ステイシー・キーチ、ボブ・オデンカーク等
【Country】 USA
※シネマスコープ /白黒



  全編モノクロの、父と息子のロードムービー。ちらしも本編映像部分が白黒になってますね。こういう地味な白黒映画って、アート系とか小難しいんじゃないの?なんて先入観で観てない人がいたら、それは勿体ないですよ! 映像面もストーリーもばっちりエンタテインメント。ストレートに大笑いしたり、じわじわくる笑いでプププ……! となったり。素晴らしいドラメディです。

※ドラメディ =ドラマ+コメディ。コメディ寄りなドラマ映画のこと。

 白黒といっても最近の映画はものすごく綺麗。透明感がある、というのかな。正直、観てるうちに白黒映画だってことを忘れるくらい。敢えて白黒映画にする必要ないだろう、とも思うけどさ。無時代性ある雰囲気が、懐かしさとイマっぽさを同時に感じさせる効果はあった。

 老いた父との旅、ってことでお涙頂戴系かと思いきや、過剰な演出は一切なし。笑って、楽しんで、ある瞬間にグっと喉元が熱くなる。そんな素敵な映画です。旅を描いてはいるけれどロードムービー的ではなく、目的地に着く途中で両親の故郷に滞在するパートが多い。エアーコンプレッサーを巡る一連のエピソード、母親の下半身ネタなどが好き! 何とも愛おしい映画です。

スポンサーサイト

フィリップ、きみを愛してる "I Love You Phillip Morris"

tag 犯罪 コメディ ドラメディ ロマンス 2010年 フランス アメリカ

<見開き>



フィリップ、キミを愛してる



フィリップ、きみを愛してる_裏



【タイトル】 フィリップ、きみを愛してる Title: I Love You Phillip Morris
【紙質】 光沢/見開き
【Release Date in Japan】 2010/3/13
【配給】 アスミック・エース
【監督】 グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
【キャスト】 ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ、アントニー・コローネ、ブレナン・ブラウン、マイケル・マンデル、ニコラス・アレキサンダー等
【Country】 France / USA
※ビスタ /R15+



 時々ありますよね、普通のちらしかと思ったら、見開きになってるヤツ。普通のぺらB5サイズよりお金かかってそう! 宣伝に予算かけられるってことは、それなりに興行収入を期待されてるのかね。

 ということで、この映画。ジム・キャリー&ユアン・マクレガーのゲイ恋愛もので凄いんですよ。何がって、キャリーのキワドサ! 序盤から激しく赤裸々なセックス描写があって驚く。そしてユアンの可愛さも凄い。可愛いは正義、はこの人の為にある言い回しじゃないのかと思うぐらい、ユアンは本当にどの映画でも可愛いんだが。この役の可愛さはフェアリー・レベル。

 ゲイ・ロマンス映画を観るといつも思うのだけど、同性愛だからといってストレートの恋愛と何も変わらないな、と。違うのは、ストレートの一部の人達に差別されることだけ(いや、同胞にも表向き差別されてるか)。この映画の場合は実話がベースってことと、懲役167年の刑を言い渡されたIQ169の犯罪者ってとこが特殊な状況。

 キャリーの演じるアクの強すぎる天才詐欺師、というか病的嘘つきっぷりも面白くて、コメディとして楽しめます。しかし原作本の邦訳、出ないねえ。



<関連>フィリップ、きみを愛してる! 【一途な愛 それでもビョーキは 治らない】 ―猫の毛玉 映画館
関連記事
プロフィール

P

Author:P
映画レビューブログ猫の毛玉 映画館の別館。
映画のちらしとコラムを載せていきます。
ついでに映画館のアレコレも書く予定。

毛玉内検索
カテゴリ
最新記事
Amazon
最新コメント
タグリスト
最新トラックバック
毛玉リンク
RSSリンクの表示
おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。