スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セインツ -約束の果て- "Ain't Them Bodies Saints"

tag 犯罪 ドラマ ロマンス アメリカ 2014年

セインツ約束の果て 裏 セインツ約束の果て_裏



【タイトル】 セインツ -約束の果て- Title: Ain't Them Bodies Saints
【紙質】 光沢/ぶ厚い
【Release Date in Japan】 2014/3/29
【配給】 プレシディオ/クロックワークス
【監督】 デヴィッド・ロウリー
【キャスト】 ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ、ベン・フォスター、ネイト・パーカー、ラミ・マレック、キース・キャラダイン、チャールズ・ベイカー等
【Country】 USA
※シネマスコープ



 詩情豊かでエモーショナルな映像。ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ、ベン・フォスターの存在感。脇を固めるキャラダインの渋さ。スクリーンにこれでもかと広がる「映画」の素晴らしさ。いやあ、本当に魅せる力がある映画なんですよ! 特に主役3人は、その場に立っているだけで醸し出す雰囲気がスッゴイ。台詞などいらない、と思えるくらいにその佇まいが人物を語る。

 さて、ストーリーはというと。ボニー&クライドのような序盤に続いて、幼子と共にカタギの生活をする女と刑務所送りになった男が描かれる。悲劇へと向かい転がり落ちる展開は、ちょいとスローで抑揚に欠けるように感じた。とはいえ、終盤の追い込みでグワっと盛り上がりますわよ。素敵な響きの原題"Ain't Them Bodies Saints"には特に意味はなく、語感が良いなって思ったから、だそうです。

 2人の愛の物語、のような、そうでもないような。彼のソレは愛なのか、ただ夢幻の理想なのか?彼女のソレは愛なのか罪悪感なのか?判然としない感情が綯い交ぜに絡み合うドラマ。それにしてもベン・フォスターとケイシー・アフレックはもっと評価されるべき俳優たち! フォスターはアクション系で、ケイシーは湿度高いネチっとした役所で、それぞれに今後の活躍を期待しています。

 あ、あと今個人的に注目株のラミ・マレックも出てます!『ナイト・ミュージアム』のアクメンラ役、公開中の『ニード・フォー・スピード』(全裸あり)、今秋公開の『ショートターム12』でも良い味出してます。アホの子っぽい笑顔が可愛いよ。

関連記事
スポンサーサイト

サウンド・オブ・ノイズ "Sound of Noise"

tag 犯罪 コメディ 音楽 北欧 2013年 スウェーデン フランス

サウンド・オブ・ノイズ_表 裏 サウンド・オブ・ノイズ_裏



【タイトル】 サウンド・オブ・ノイズ Title: Sound of Noise
【紙質】 光沢/普通
【Release Date in Japan】 2013/7/27
【配給】 アット エンタテインメント
【監督】 オーラ・シモンソン、ヨハンネス・ファーネ・ニルソン
【キャスト】 ベンクト・ニルソン、サナ・パーション、マグヌス・ボルィエソン、フレドリク・ミア、アンダース・ベステガルド、ヨハンネス・ビョーク、マルクス・ハラルドソン等
【Country】 Sweden / France (スウェーデン語 Language: Swedish )
※シネマスコープ



ラヴミ、ラヴミー♪セーィダッチュラヴミ♪

 はい。北欧音楽といえばガーリー・ポップ!このちらしも水色&ピンクで可愛らしいイメージなんですけどね。カーディガンズは忘れよう。これは世にも珍しい音楽テロのお話だ。街を楽器に! 4楽章のテロ予告。6人のテロリスト。彼らを追う音楽嫌いな警官アマデウス。これが面白い! ファンタジー要素もあるのでリアリスト向けではないけど。

 4楽章のテロ。1楽章1テロで、タイトル付き。例えば2楽章は"Money 4 U Honey"(あなた、お金よ)なるタイトルで、テロの舞台が銀行ってな感じに。さあ、ファイナルは一体何が起きるのか?何をやらかそうとしているのか、そして警官アマデウスはテロを阻止できるのか?

 あらゆるモノを楽器にして、ただ音楽の為に演奏するテロリスト達。テロ場面のリズムは気持ち良く楽しい。グループのリーダー=サナと警官アマデウスの関係がまた面白く、終盤の展開を盛り上げる。アマデウスが平和を得るラストは、どことなく『ファイト・クラブ』のラストシーンを思わせた。

関連記事

フィリップ、きみを愛してる "I Love You Phillip Morris"

tag 犯罪 コメディ ドラメディ ロマンス 2010年 フランス アメリカ

<見開き>



フィリップ、キミを愛してる



フィリップ、きみを愛してる_裏



【タイトル】 フィリップ、きみを愛してる Title: I Love You Phillip Morris
【紙質】 光沢/見開き
【Release Date in Japan】 2010/3/13
【配給】 アスミック・エース
【監督】 グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
【キャスト】 ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ、アントニー・コローネ、ブレナン・ブラウン、マイケル・マンデル、ニコラス・アレキサンダー等
【Country】 France / USA
※ビスタ /R15+



 時々ありますよね、普通のちらしかと思ったら、見開きになってるヤツ。普通のぺらB5サイズよりお金かかってそう! 宣伝に予算かけられるってことは、それなりに興行収入を期待されてるのかね。

 ということで、この映画。ジム・キャリー&ユアン・マクレガーのゲイ恋愛もので凄いんですよ。何がって、キャリーのキワドサ! 序盤から激しく赤裸々なセックス描写があって驚く。そしてユアンの可愛さも凄い。可愛いは正義、はこの人の為にある言い回しじゃないのかと思うぐらい、ユアンは本当にどの映画でも可愛いんだが。この役の可愛さはフェアリー・レベル。

 ゲイ・ロマンス映画を観るといつも思うのだけど、同性愛だからといってストレートの恋愛と何も変わらないな、と。違うのは、ストレートの一部の人達に差別されることだけ(いや、同胞にも表向き差別されてるか)。この映画の場合は実話がベースってことと、懲役167年の刑を言い渡されたIQ169の犯罪者ってとこが特殊な状況。

 キャリーの演じるアクの強すぎる天才詐欺師、というか病的嘘つきっぷりも面白くて、コメディとして楽しめます。しかし原作本の邦訳、出ないねえ。



<関連>フィリップ、きみを愛してる! 【一途な愛 それでもビョーキは 治らない】 ―猫の毛玉 映画館
関連記事

アリス・クリードの失踪 "The Disappearance of ALICE CREED"

tag サスペンス 犯罪 ブロマンス 2011年 英国

表 アリス・クリードの失踪_表 裏 アリス・クリードの失踪_裏



【タイトル】 アリス・クリードの失踪 Title: The Disappearance of ALICE CREED
【紙質】 光沢/普通
【Release Date in Japan】 2011/6/11
【配給】 ロングライド
【監督】 J・ブレイクソン
【キャスト】 ジェマ・アータートン、エディ・マーサン、マーティン・コムストン
【Country】 UK
※シネマスコープ /PG12



 誘拐犯おっさん2人と、誘拐されたおなご1人。たった3人の登場人物で繰り広げられるサスペンス! ということで、ちらしも△を積極的に散りばめたデザイン。この映画は、途中で( ゚д゚ )え?てなること請け合い。

 誘拐された富女子ジェマ・アータートンがわがままボディを惜しみなく晒しているのが見所の一つ。ええちち! 監禁され、縛られ、泣き、何とか自分に有利にコトを転じようと試みます。彼女が誘拐犯たちの完璧な犯行をどう崩していくのか、ここが一番の見所でありキモ。

 誘拐犯の1人エディ・マーサンは英国映画の脇によく出てるおじさん(ちらし表の左下)。顔を見ればわかるかも知れず、記憶に残ってないかもしれず。『M:I-3』や『ハンコック』『シャーロック・ホームズ』等の大作、最近では『フィルス』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』等に出演。もっともメインキャスト扱いな作品は『ハッピー・ゴー・ラッキー』で、サリー・ホーキンスに車の運転を教えています。何だか気になるおじさん俳優で、出てくると「あ、エディだ」と心の中で呟いてしまう。わたし、気になります!

関連記事

完全犯罪クラブ "Murder By Numbers"

tag サスペンス 犯罪 ミステリ 青春 2002年 アメリカ

表 完全犯罪クラブ_表 裏 完全犯罪クラブ_裏



【タイトル】 完全犯罪クラブ Title: Murder By Numbers
【紙質】 ややざらっと/やや厚め
【Release Date in Japan】 2002/9/28
【配給】 ワーナー
【監督】 バーベット・シュローダー
【キャスト】 サンドラ・ブロック、ライアン・ゴズリング、マイケル・ピット、ベン・チャップリン、アグネス・ブルックナー、クリス・ペン、クリスタ・カーペンター等
【Country】 USA
※ビスタ



 これ面白いのよ! サンドラ・ブロックがコメディ絶頂期にシリアスモードで主演したティーンエイジャー犯罪ミステリ。ブロックは製作総指揮として参加しているのでヤル気の程がうかがえる。実際の事件に着想を得た物語で、2人の男子高校生が企む完全犯罪の顛末を描く。

 さて、注目は今をときめくライアン・ゴズリングがハイスクールの人気者、α男子高生として出ていることです。メインキャスト3人のうち1人。ちらし裏面にデカデカ顔写真が載っているのを見ると、この頃はまだ少年の面影! 現在のゴズりんみたいにセクシー匂い立つ感じは、なかった。全然、なかった。なんなら片割れのオタ高校生役マイケル・ピット君の方が妙な色気あったのよね。ピット君の方がオイシイ役ですし。

 ラストの絶望的な感じがとても好きな映画です。男子高生2人の関係性、彼らを怪しんで追う刑事ブロック、そして明かされる真実とは……。「完全犯罪」やったるでー!と意気込む中二病体質の2人だけど、机上の計画と現実はどうしてもズレが出るわけよね。この中二感がうまく出てて良い邦題です。

関連記事
プロフィール

P

Author:P
映画レビューブログ猫の毛玉 映画館の別館。
映画のちらしとコラムを載せていきます。
ついでに映画館のアレコレも書く予定。

毛玉内検索
カテゴリ
最新記事
Amazon
最新コメント
タグリスト
最新トラックバック
毛玉リンク
RSSリンクの表示
おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。