スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンド・オブ・ノイズ "Sound of Noise"

tag 犯罪 コメディ 音楽 北欧 2013年 スウェーデン フランス

サウンド・オブ・ノイズ_表 裏 サウンド・オブ・ノイズ_裏



【タイトル】 サウンド・オブ・ノイズ Title: Sound of Noise
【紙質】 光沢/普通
【Release Date in Japan】 2013/7/27
【配給】 アット エンタテインメント
【監督】 オーラ・シモンソン、ヨハンネス・ファーネ・ニルソン
【キャスト】 ベンクト・ニルソン、サナ・パーション、マグヌス・ボルィエソン、フレドリク・ミア、アンダース・ベステガルド、ヨハンネス・ビョーク、マルクス・ハラルドソン等
【Country】 Sweden / France (スウェーデン語 Language: Swedish )
※シネマスコープ



ラヴミ、ラヴミー♪セーィダッチュラヴミ♪

 はい。北欧音楽といえばガーリー・ポップ!このちらしも水色&ピンクで可愛らしいイメージなんですけどね。カーディガンズは忘れよう。これは世にも珍しい音楽テロのお話だ。街を楽器に! 4楽章のテロ予告。6人のテロリスト。彼らを追う音楽嫌いな警官アマデウス。これが面白い! ファンタジー要素もあるのでリアリスト向けではないけど。

 4楽章のテロ。1楽章1テロで、タイトル付き。例えば2楽章は"Money 4 U Honey"(あなた、お金よ)なるタイトルで、テロの舞台が銀行ってな感じに。さあ、ファイナルは一体何が起きるのか?何をやらかそうとしているのか、そして警官アマデウスはテロを阻止できるのか?

 あらゆるモノを楽器にして、ただ音楽の為に演奏するテロリスト達。テロ場面のリズムは気持ち良く楽しい。グループのリーダー=サナと警官アマデウスの関係がまた面白く、終盤の展開を盛り上げる。アマデウスが平和を得るラストは、どことなく『ファイト・クラブ』のラストシーンを思わせた。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

P

Author:P
映画レビューブログ猫の毛玉 映画館の別館。
映画のちらしとコラムを載せていきます。
ついでに映画館のアレコレも書く予定。

毛玉内検索
カテゴリ
最新記事
Amazon
最新コメント
タグリスト
最新トラックバック
毛玉リンク
RSSリンクの表示
おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。