スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セインツ -約束の果て- "Ain't Them Bodies Saints"

tag 犯罪 ドラマ ロマンス アメリカ 2014年

セインツ約束の果て 裏 セインツ約束の果て_裏



【タイトル】 セインツ -約束の果て- Title: Ain't Them Bodies Saints
【紙質】 光沢/ぶ厚い
【Release Date in Japan】 2014/3/29
【配給】 プレシディオ/クロックワークス
【監督】 デヴィッド・ロウリー
【キャスト】 ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ、ベン・フォスター、ネイト・パーカー、ラミ・マレック、キース・キャラダイン、チャールズ・ベイカー等
【Country】 USA
※シネマスコープ



 詩情豊かでエモーショナルな映像。ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ、ベン・フォスターの存在感。脇を固めるキャラダインの渋さ。スクリーンにこれでもかと広がる「映画」の素晴らしさ。いやあ、本当に魅せる力がある映画なんですよ! 特に主役3人は、その場に立っているだけで醸し出す雰囲気がスッゴイ。台詞などいらない、と思えるくらいにその佇まいが人物を語る。

 さて、ストーリーはというと。ボニー&クライドのような序盤に続いて、幼子と共にカタギの生活をする女と刑務所送りになった男が描かれる。悲劇へと向かい転がり落ちる展開は、ちょいとスローで抑揚に欠けるように感じた。とはいえ、終盤の追い込みでグワっと盛り上がりますわよ。素敵な響きの原題"Ain't Them Bodies Saints"には特に意味はなく、語感が良いなって思ったから、だそうです。

 2人の愛の物語、のような、そうでもないような。彼のソレは愛なのか、ただ夢幻の理想なのか?彼女のソレは愛なのか罪悪感なのか?判然としない感情が綯い交ぜに絡み合うドラマ。それにしてもベン・フォスターとケイシー・アフレックはもっと評価されるべき俳優たち! フォスターはアクション系で、ケイシーは湿度高いネチっとした役所で、それぞれに今後の活躍を期待しています。

 あ、あと今個人的に注目株のラミ・マレックも出てます!『ナイト・ミュージアム』のアクメンラ役、公開中の『ニード・フォー・スピード』(全裸あり)、今秋公開の『ショートターム12』でも良い味出してます。アホの子っぽい笑顔が可愛いよ。

スポンサーサイト

ジゴロ・イン・ニューヨーク "Fading Gigolo"

tag コメディ ロマンス 2014年 アメリカ

ジゴロ・イン・ニューヨーク 裏 ジゴロ・イン・ニューヨーク_裏



【タイトル】 ジゴロ・イン・ニューヨーク Title: Fading Gigolo
【紙質】 ややざらっと/やや厚め
【Release Date in Japan】 2014/7/11
【配給】 GAGA
【監督】 ジョン・タトゥーロ
【キャスト】 ジョン・タトゥーロ、ウディ・アレン、ヴァネッサ・パラディ、リーヴ・シュレイバー、シャロン・ストーン、ソフィア・ヴェルガラ等
【Country】 USA
※ビスタ /PG12



 ウディ・アレンが好き。恵比寿ガーデンシネマが閉館したときは、今後アレン作品の劇場公開はあるのだろうか……?と不安に思ったものでした。『ミッドナイト・イン・パリ』が一般受けしてヒットしたお陰で、今までのところ順調に日本公開されていて嬉しい気持ち。アレン監督は年に1本映画を撮るのを習慣にしていて、それって結構忙しい。そんなアレンが13年ぶりに自身の監督作以外に出演するってことで注目の本作。しかも素人ポン引き役!

 そんなわけで、ウディ・アレン監督について書こうと思えばどんどん際限なく書いてしまい、そんなの誰も読みませんので。今回は映画のちらしをインテリアに、というお話。

写真立て2


 と、言いつつ上の写真はNOTちらし。映画館好きの皆様にはお馴染みのシネコンウォーカーていう月刊フリーペーパーから千切ったページですが。乳首ピアスの全裸なルーニー・マーラを後ろから抱く007ていう素敵過ぎるスチル。このデザイン、2011年9月末辺りから劇場でポスター掲出されてて余りのキワドサにおののいた記憶。それはさておき、この額は100円ショップで入手したA4サイズの写真立て。黒い画用紙をA4サイズに切って台紙にしてあります。

写真立て1


 同じ額に映画のちらしを入れてみた。ちらしのほとんどがB5サイズなので、B5サイズの写真立てがあれば一番便利ですね。でもA4サイズでも台紙を作っておけば、この通り! お好みで白とか他の色にしても良いし、布地を台紙代わりにしても良いと思います。お気に入りのデザインのちらしが、手軽にインテリアになっちゃうよ。

 ポスターだと何しろ大きい。賃貸で壁に穴あけられないし。そんなこんなで飾る場所に困る日本の住宅事情にはマッチするかと。私、実家ではタンスの側面やクローゼットの扉裏、タンスロッカーの中なんかに雑誌の付録ポスター(小さめ)を貼ってた。概ねB2サイズかB1サイズの正規映画ポスターは結局飾らずに筒状のまま天袋に寝かせてた。勿体ない!そこいくと、ちらしはB5サイズで済むのだから嬉しいじゃないか(ポストカードもあるよ、という声は無視します)。

余談だけど、よく映画館で販売してる映画関連デザインのクリアファイルはA4サイズばかりで、ちらしの持ち帰りや一時保管に利用したいB5クリアファイルが売っていないのが納得できない。


サウンド・オブ・ノイズ "Sound of Noise"

tag 犯罪 コメディ 音楽 北欧 2013年 スウェーデン フランス

サウンド・オブ・ノイズ_表 裏 サウンド・オブ・ノイズ_裏



【タイトル】 サウンド・オブ・ノイズ Title: Sound of Noise
【紙質】 光沢/普通
【Release Date in Japan】 2013/7/27
【配給】 アット エンタテインメント
【監督】 オーラ・シモンソン、ヨハンネス・ファーネ・ニルソン
【キャスト】 ベンクト・ニルソン、サナ・パーション、マグヌス・ボルィエソン、フレドリク・ミア、アンダース・ベステガルド、ヨハンネス・ビョーク、マルクス・ハラルドソン等
【Country】 Sweden / France (スウェーデン語 Language: Swedish )
※シネマスコープ



ラヴミ、ラヴミー♪セーィダッチュラヴミ♪

 はい。北欧音楽といえばガーリー・ポップ!このちらしも水色&ピンクで可愛らしいイメージなんですけどね。カーディガンズは忘れよう。これは世にも珍しい音楽テロのお話だ。街を楽器に! 4楽章のテロ予告。6人のテロリスト。彼らを追う音楽嫌いな警官アマデウス。これが面白い! ファンタジー要素もあるのでリアリスト向けではないけど。

 4楽章のテロ。1楽章1テロで、タイトル付き。例えば2楽章は"Money 4 U Honey"(あなた、お金よ)なるタイトルで、テロの舞台が銀行ってな感じに。さあ、ファイナルは一体何が起きるのか?何をやらかそうとしているのか、そして警官アマデウスはテロを阻止できるのか?

 あらゆるモノを楽器にして、ただ音楽の為に演奏するテロリスト達。テロ場面のリズムは気持ち良く楽しい。グループのリーダー=サナと警官アマデウスの関係がまた面白く、終盤の展開を盛り上げる。アマデウスが平和を得るラストは、どことなく『ファイト・クラブ』のラストシーンを思わせた。

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 "Nebraska"

tag ドラマ ドラメディ 白黒 2014年 アメリカ

ネブラスカ_表 裏 ネブラスカ_裏



【タイトル】 ネブラスカ Title: Nebraska
【紙質】 ややざらっと/やや厚め
【Release Date in Japan】 2014/2/28
【配給】 ロングライド
【監督】 アレクサンダー・ペイン
【キャスト】 ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ、ステイシー・キーチ、ボブ・オデンカーク等
【Country】 USA
※シネマスコープ /白黒



  全編モノクロの、父と息子のロードムービー。ちらしも本編映像部分が白黒になってますね。こういう地味な白黒映画って、アート系とか小難しいんじゃないの?なんて先入観で観てない人がいたら、それは勿体ないですよ! 映像面もストーリーもばっちりエンタテインメント。ストレートに大笑いしたり、じわじわくる笑いでプププ……! となったり。素晴らしいドラメディです。

※ドラメディ =ドラマ+コメディ。コメディ寄りなドラマ映画のこと。

 白黒といっても最近の映画はものすごく綺麗。透明感がある、というのかな。正直、観てるうちに白黒映画だってことを忘れるくらい。敢えて白黒映画にする必要ないだろう、とも思うけどさ。無時代性ある雰囲気が、懐かしさとイマっぽさを同時に感じさせる効果はあった。

 老いた父との旅、ってことでお涙頂戴系かと思いきや、過剰な演出は一切なし。笑って、楽しんで、ある瞬間にグっと喉元が熱くなる。そんな素敵な映画です。旅を描いてはいるけれどロードムービー的ではなく、目的地に着く途中で両親の故郷に滞在するパートが多い。エアーコンプレッサーを巡る一連のエピソード、母親の下半身ネタなどが好き! 何とも愛おしい映画です。

フィリップ、きみを愛してる "I Love You Phillip Morris"

tag 犯罪 コメディ ドラメディ ロマンス 2010年 フランス アメリカ

<見開き>



フィリップ、キミを愛してる



フィリップ、きみを愛してる_裏



【タイトル】 フィリップ、きみを愛してる Title: I Love You Phillip Morris
【紙質】 光沢/見開き
【Release Date in Japan】 2010/3/13
【配給】 アスミック・エース
【監督】 グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
【キャスト】 ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ、アントニー・コローネ、ブレナン・ブラウン、マイケル・マンデル、ニコラス・アレキサンダー等
【Country】 France / USA
※ビスタ /R15+



 時々ありますよね、普通のちらしかと思ったら、見開きになってるヤツ。普通のぺらB5サイズよりお金かかってそう! 宣伝に予算かけられるってことは、それなりに興行収入を期待されてるのかね。

 ということで、この映画。ジム・キャリー&ユアン・マクレガーのゲイ恋愛もので凄いんですよ。何がって、キャリーのキワドサ! 序盤から激しく赤裸々なセックス描写があって驚く。そしてユアンの可愛さも凄い。可愛いは正義、はこの人の為にある言い回しじゃないのかと思うぐらい、ユアンは本当にどの映画でも可愛いんだが。この役の可愛さはフェアリー・レベル。

 ゲイ・ロマンス映画を観るといつも思うのだけど、同性愛だからといってストレートの恋愛と何も変わらないな、と。違うのは、ストレートの一部の人達に差別されることだけ(いや、同胞にも表向き差別されてるか)。この映画の場合は実話がベースってことと、懲役167年の刑を言い渡されたIQ169の犯罪者ってとこが特殊な状況。

 キャリーの演じるアクの強すぎる天才詐欺師、というか病的嘘つきっぷりも面白くて、コメディとして楽しめます。しかし原作本の邦訳、出ないねえ。



<関連>フィリップ、きみを愛してる! 【一途な愛 それでもビョーキは 治らない】 ―猫の毛玉 映画館
プロフィール

P

Author:P
映画レビューブログ猫の毛玉 映画館の別館。
映画のちらしとコラムを載せていきます。
ついでに映画館のアレコレも書く予定。

毛玉内検索
カテゴリ
最新記事
Amazon
最新コメント
タグリスト
最新トラックバック
毛玉リンク
RSSリンクの表示
おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。