スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス・クリードの失踪 "The Disappearance of ALICE CREED"

tag サスペンス 犯罪 ブロマンス 2011年 英国

表 アリス・クリードの失踪_表 裏 アリス・クリードの失踪_裏



【タイトル】 アリス・クリードの失踪 Title: The Disappearance of ALICE CREED
【紙質】 光沢/普通
【Release Date in Japan】 2011/6/11
【配給】 ロングライド
【監督】 J・ブレイクソン
【キャスト】 ジェマ・アータートン、エディ・マーサン、マーティン・コムストン
【Country】 UK
※シネマスコープ /PG12



 誘拐犯おっさん2人と、誘拐されたおなご1人。たった3人の登場人物で繰り広げられるサスペンス! ということで、ちらしも△を積極的に散りばめたデザイン。この映画は、途中で( ゚д゚ )え?てなること請け合い。

 誘拐された富女子ジェマ・アータートンがわがままボディを惜しみなく晒しているのが見所の一つ。ええちち! 監禁され、縛られ、泣き、何とか自分に有利にコトを転じようと試みます。彼女が誘拐犯たちの完璧な犯行をどう崩していくのか、ここが一番の見所でありキモ。

 誘拐犯の1人エディ・マーサンは英国映画の脇によく出てるおじさん(ちらし表の左下)。顔を見ればわかるかも知れず、記憶に残ってないかもしれず。『M:I-3』や『ハンコック』『シャーロック・ホームズ』等の大作、最近では『フィルス』『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』等に出演。もっともメインキャスト扱いな作品は『ハッピー・ゴー・ラッキー』で、サリー・ホーキンスに車の運転を教えています。何だか気になるおじさん俳優で、出てくると「あ、エディだ」と心の中で呟いてしまう。わたし、気になります!

スポンサーサイト

奥さまは魔女 "Bewitched"

tag ロマコメ ファンタジー アメリカ 2005年

<ティーザーちらし>

奥様は魔女_A 裏 奥様は魔女_A裏



<本ちらし>

奥様は魔女_B 裏 奥様は魔女_B裏



【タイトル】 奥さまは魔女 Title: Bewitched
【紙質】 光沢/普通
【Release Date in Japan】 2005/8/27
【配給】 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
【監督】 ノーラ・エフロン
【キャスト】 ニコール・キッドマン、ウィル・フェレル、シャーリー・マクレーン、マイケル・ケイン、ジェイソン・シュワルツマン、ヘザー・バーンズ、スティーヴン・コルバート、スティーヴ・カレル等 (フッテージ:エリザベス・モンゴメリ、ディック・ヨーク)
【Country】 USA
※ビスタ



 大作映画の場合、日本公開するよ!って知らせる為だけのティーザー(特報)ちらしが出ることがありますね。こんな映画をいつ頃公開するでーす!って。この『奥さまは魔女』も上段はティーザーちらし。「9月ロードショー」と書いてあります(実際は8/27公開)。あとすんごいニコール・キッドマン推し。で、下段がいろいろ決定してからのもの。スチルがたくさん載ってて、松田聖子さんが日本版テーマソングを歌ってるよ、とか情報が盛り込まれてます。

 ところで映画の内容ですが、これメタなんです。TVドラマ『奥さまは魔女』をリメイクするのでサマンサ役を探してたら街で偶然イメージぴったりの女性イザベルを見かけて……と。そしてイザベルは、実は本当に魔女でした、みたいな。単なる人気TVドラマの映画化ではなく、設定を捻ってくるとこが良いですね。とはいえ、この映画の見所は徹頭徹尾ニコール・キッドマンの可愛さです。

 ニコール・キッドマンが魔女、といえば『プラクティカル・マジック』なんてありました。主演サンドラ・ブロックの妹がニコール。これもまた美しいニコールが堪能できる素敵映画であり、なんと言ってもサントラが最高! フェイス・ヒル、スティーヴィー・ニックス、リサ・ホール、ジョニ・ミッチェル、プレスリー等の雰囲気ある曲が揃ってます。今でも折々聴いている名サントラですよ。

プロフィール

P

Author:P
映画レビューブログ猫の毛玉 映画館の別館。
映画のちらしとコラムを載せていきます。
ついでに映画館のアレコレも書く予定。

毛玉内検索
カテゴリ
最新記事
Amazon
最新コメント
タグリスト
最新トラックバック
毛玉リンク
RSSリンクの表示
おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。