スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セインツ -約束の果て- "Ain't Them Bodies Saints"

tag 犯罪 ドラマ ロマンス アメリカ 2014年

セインツ約束の果て 裏 セインツ約束の果て_裏



【タイトル】 セインツ -約束の果て- Title: Ain't Them Bodies Saints
【紙質】 光沢/ぶ厚い
【Release Date in Japan】 2014/3/29
【配給】 プレシディオ/クロックワークス
【監督】 デヴィッド・ロウリー
【キャスト】 ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ、ベン・フォスター、ネイト・パーカー、ラミ・マレック、キース・キャラダイン、チャールズ・ベイカー等
【Country】 USA
※シネマスコープ



 詩情豊かでエモーショナルな映像。ケイシー・アフレック、ルーニー・マーラ、ベン・フォスターの存在感。脇を固めるキャラダインの渋さ。スクリーンにこれでもかと広がる「映画」の素晴らしさ。いやあ、本当に魅せる力がある映画なんですよ! 特に主役3人は、その場に立っているだけで醸し出す雰囲気がスッゴイ。台詞などいらない、と思えるくらいにその佇まいが人物を語る。

 さて、ストーリーはというと。ボニー&クライドのような序盤に続いて、幼子と共にカタギの生活をする女と刑務所送りになった男が描かれる。悲劇へと向かい転がり落ちる展開は、ちょいとスローで抑揚に欠けるように感じた。とはいえ、終盤の追い込みでグワっと盛り上がりますわよ。素敵な響きの原題"Ain't Them Bodies Saints"には特に意味はなく、語感が良いなって思ったから、だそうです。

 2人の愛の物語、のような、そうでもないような。彼のソレは愛なのか、ただ夢幻の理想なのか?彼女のソレは愛なのか罪悪感なのか?判然としない感情が綯い交ぜに絡み合うドラマ。それにしてもベン・フォスターとケイシー・アフレックはもっと評価されるべき俳優たち! フォスターはアクション系で、ケイシーは湿度高いネチっとした役所で、それぞれに今後の活躍を期待しています。

 あ、あと今個人的に注目株のラミ・マレックも出てます!『ナイト・ミュージアム』のアクメンラ役、公開中の『ニード・フォー・スピード』(全裸あり)、今秋公開の『ショートターム12』でも良い味出してます。アホの子っぽい笑顔が可愛いよ。

関連記事
スポンサーサイト

ジゴロ・イン・ニューヨーク "Fading Gigolo"

tag コメディ ロマンス 2014年 アメリカ

ジゴロ・イン・ニューヨーク 裏 ジゴロ・イン・ニューヨーク_裏



【タイトル】 ジゴロ・イン・ニューヨーク Title: Fading Gigolo
【紙質】 ややざらっと/やや厚め
【Release Date in Japan】 2014/7/11
【配給】 GAGA
【監督】 ジョン・タトゥーロ
【キャスト】 ジョン・タトゥーロ、ウディ・アレン、ヴァネッサ・パラディ、リーヴ・シュレイバー、シャロン・ストーン、ソフィア・ヴェルガラ等
【Country】 USA
※ビスタ /PG12



 ウディ・アレンが好き。恵比寿ガーデンシネマが閉館したときは、今後アレン作品の劇場公開はあるのだろうか……?と不安に思ったものでした。『ミッドナイト・イン・パリ』が一般受けしてヒットしたお陰で、今までのところ順調に日本公開されていて嬉しい気持ち。アレン監督は年に1本映画を撮るのを習慣にしていて、それって結構忙しい。そんなアレンが13年ぶりに自身の監督作以外に出演するってことで注目の本作。しかも素人ポン引き役!

 そんなわけで、ウディ・アレン監督について書こうと思えばどんどん際限なく書いてしまい、そんなの誰も読みませんので。今回は映画のちらしをインテリアに、というお話。

写真立て2


 と、言いつつ上の写真はNOTちらし。映画館好きの皆様にはお馴染みのシネコンウォーカーていう月刊フリーペーパーから千切ったページですが。乳首ピアスの全裸なルーニー・マーラを後ろから抱く007ていう素敵過ぎるスチル。このデザイン、2011年9月末辺りから劇場でポスター掲出されてて余りのキワドサにおののいた記憶。それはさておき、この額は100円ショップで入手したA4サイズの写真立て。黒い画用紙をA4サイズに切って台紙にしてあります。

写真立て1


 同じ額に映画のちらしを入れてみた。ちらしのほとんどがB5サイズなので、B5サイズの写真立てがあれば一番便利ですね。でもA4サイズでも台紙を作っておけば、この通り! お好みで白とか他の色にしても良いし、布地を台紙代わりにしても良いと思います。お気に入りのデザインのちらしが、手軽にインテリアになっちゃうよ。

 ポスターだと何しろ大きい。賃貸で壁に穴あけられないし。そんなこんなで飾る場所に困る日本の住宅事情にはマッチするかと。私、実家ではタンスの側面やクローゼットの扉裏、タンスロッカーの中なんかに雑誌の付録ポスター(小さめ)を貼ってた。概ねB2サイズかB1サイズの正規映画ポスターは結局飾らずに筒状のまま天袋に寝かせてた。勿体ない!そこいくと、ちらしはB5サイズで済むのだから嬉しいじゃないか(ポストカードもあるよ、という声は無視します)。

余談だけど、よく映画館で販売してる映画関連デザインのクリアファイルはA4サイズばかりで、ちらしの持ち帰りや一時保管に利用したいB5クリアファイルが売っていないのが納得できない。


関連記事
プロフィール

P

Author:P
映画レビューブログ猫の毛玉 映画館の別館。
映画のちらしとコラムを載せていきます。
ついでに映画館のアレコレも書く予定。

毛玉内検索
カテゴリ
最新記事
Amazon
最新コメント
タグリスト
最新トラックバック
毛玉リンク
RSSリンクの表示
おたより

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。